teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


いよいよ一橋祭

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年10月31日(金)19時44分17秒
返信・引用
  いよいよ一橋祭が明日に迫ってきました。
鉄研の準備も何とか終わりました。
1年に1度のお祭ですので、ぜひお越しください。

http://www.ikkyo-tekken.org/

 
 

一橋祭まであと10日

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年10月22日(水)21時03分37秒
返信・引用
  一橋祭まであと10日となりました。
鉄研では最高の一橋祭になるように準備を進めています。
詳しくは公式ホームページ内の一橋祭特設ページをご覧ください。
-------------------------
OBの方々へ
毎年恒例の一橋祭コンパを11月2日の18時より行います。詳細・ご参加のご連絡は私までお願いいたします。メールアドレスをご存じない方は鉄研のメールアドレスまでご連絡ください。

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

冬期写真撮影のお知らせ(最終!)

 投稿者:一橋大学卒業アルバム委員会メール  投稿日:2008年10月10日(金)08時52分2秒
返信・引用
  こんにちは。突然の書き込み失礼します。
一橋大学卒業アルバム委員会委員長の西と申します。

卒業生の方を対象とした
卒業記念アルバムに掲載する写真撮影期間のお知らせです。
アルバム委員会ではアルバムに掲載する団体写真(10月14日~24日)、
個人写真(10月20日~24日)の期間でそれぞれ開催します。
是非この機会にご参加下さい。


※団体写真の撮影には予約が必要です。
下記HPで空き時間をチェックの上、ご希望のお時間をお知らせ下さい。
予約フォーマット
 ===========================
 ●団体名(:
※↑そのままアルバムに記載されます。正式名称でご入力下さい。
 ●代表者氏名:
 ●代表者連絡先(電話番号):
 ●ご希望日・時間
 第一希望: (    )月(    )日 (  :   )
 第二希望: (    )月(    )日 (  :   )
 第三希望: (    )月(    )日 (  :   )
 ===========================
※1団体につき撮影は1度までとさせていただきます。
紙面の都合上、「●●部、△△部門」や「○○部、■■セクション」いった枠での撮影はお受けできません。

※個人写真の撮影は予約なしで行っております。
団体写真と同じ期間にサークル棟(西キャンパス生協横)一階に
カメラマンを待機させております。
都合の良い時間にお越し下さい。例年、最後の2日間は非常に込み合います。
ご都合がつくようでしたら、是非お早めに起こし下さい。
(学生証をお持ち下さい)


※スナップ写真募集
卒業アルバム委員会では、皆様の一つ一つの思い出を大切にすべく
団体写真では見ることの出来ないお顔も掲載したいと考えています。
そこで、例年、アルバムに掲載させていただくスナップ写真を募集しています。
ゼミ合宿やご旅行先での一齣を、是非掲載させてください。
詳しくはHPをご参照下さい。
皆様の素敵な写真をお待ちしています。


できるだけ多くの方にご参加いただき、
思い出のアルバムをお届けしたいと考えております。
皆様のご理解と御協力を宜しくお願い致します。
質問等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

それでは、失礼致します。



******************************************
卒業アルバム委員会
TEL&FAX: 042-573-2642
MAIL: sotsuaru@gmail.com
委員会室: 学生会館2階 階段右手すぐ

http://sotsuaru.sakura.ne.jp

 

古本回収のお願い

 投稿者:環兵衛メール  投稿日:2008年 9月26日(金)10時53分45秒
返信・引用
  こんにちは。一橋大学エコサークル環兵衛です。
今回は、来たるチャリティー古本市イベントに出品する古本の一般回収について告知をさせていただきたく、この場をお借りしました。

環兵衛は毎年秋に数回「環兵衛古本市」を開催し、利益を市民やNGO・NPO団体のエコロジー活動への寄付金に当てます。去年は5000冊以上の本が集まり、好評を博したイベントとなりました。

「環兵衛古本市」に出品される古本は、すべて国立市民の皆様、一橋大学の学生や職員の皆様からの寄付本です。
家や職場にある不要な本を、リユースに回してエコロジーしませんか?

今年の古本回収の予定は以下のようになっています:

10月4日(土)・5日(日) 10時~16時
場所:一橋大学 西正門前 白いテント

10月18日(土) 10時~15時
場所:国立市 谷保第四公園 「環境フェスタくにたち」の会場

本の形態やジャンルは問いません。
例えば毎年、小説(文庫・単行)、新書、実用書、学術書、漫画、雑誌、参考書、辞書などなどが出されます。
※ 買い取り引き受けではないので、ご注意ください。

不要な本が処分できて提供者がうれしい、本が安く手に入って購入者がうれしい、エコ活動が促進されて地域社会がうれしい・・・トリプル=ウィンな企画に、
どうぞご協力ください!

※今年の「環兵衛古本市」は、10月18日(土)の谷保第四公園「環境フェスタくにたち」と、11月1日(土)~3日(月)の一橋大学「一橋祭」の4日にわたり開催されます。

一橋大学エコサークル環兵衛
 

鉄道同心心得ノ定(改訂)

 投稿者:DD51 2001('81年卒)  投稿日:2008年 9月24日(水)01時06分17秒
返信・引用
  もう夏旅行も終わって、一橋祭の準備に入ろうかという時でしょう。そこで、過去からひきずっている鉄研格言を披露しましょう。
 ----
1.線路内立入禁止、死して屍拾う者無し
 解説:言うまでもなく、線路内に立ち入ることは、一般人として御法度である。ふつうの鉄道なら、当たり前と思うのは当然としても、ついつい線路端の犬走りを歩くこともある。あるいは、軽便やトロッコ軌道では小ささから、ついつい気が緩みがちである。安全第一が基本である。むかし、当鉄研で地下鉄車庫の見学会を催行した際、ヒヤリハットの事例がありました(汗)。

2.人身1時間、信号半日、脱線1日、大事故・天災1週間
 解説:列車が不通になった時の復旧時間。人身事故は検分が済む1時間で運転再開される。信号機故障やポイント故障になると半日は絶望的で、終電までダメと諦めた方が良い。踏切事故等で脱線すると事故調査委員の調査を要すので、マル1日はダメ。列車衝突や土砂崩壊になると1週間は不通で、場合によっては1年以上かかることもある。

3.食えるうちに宜しく食うべし。
 解説:乗りつぶしにしろ、撮影行にしろ、飯食うヒマがないのは常態だが、実際に飴玉一個も口にできなくなる時すらある。国内ではコンビニエンス店が多くなったので緩和されたが、海外、特にキリスト教圏ではクリスマスイブでは全ての店が早じまいするので要注意。用心のために、飲用水と非常食は常時携行したい。ただし、イスラム圏のラマダン時期では、日中に飯食っていると殺されかねないので、それも注意されたし。

4.電灯線あるところに道路あり
 解説:撮影行でどこに取り付き道路があるか、あるいは路地が大きな道に通じているか不安になることがある。そういう時に助かるのが電灯線で、ふつう、公道に設置されているので、道路連絡の検討がつくというもの。電力会社さんや電話会社さんに感謝です。ただし、川を越える時には、電線の下に橋があるとは限らない。そういう時は橋を探しましょう!

5.早起きは3本の得
 解説:有名な格言である。乗りつぶしには、朝の通勤列車は運行間隔が短かったりして効率が甚だ良い。撮影する方では本数が稼げるうえに、夜行列車の撮影や、通勤列車に予備車の仕業が入ったりするので非常にメリット大である。夕方のラッシュも同様と言えるが、意外と間隔が開いてしまったり、終点から帰って来れなくなるなど問題があるし、撮影では夜間になって活動不能になってしまうこともある。

6."No Problem" はウソ八百
 解説:海外の鉄道の乗車旅行や撮影旅行へ行くと、しばしばこの言葉を駅員や旅行ガイドが発することがある。これを是認してはいけない。こう言われたら、計画が深刻な状況にあると理解すべきである。実態がどうなっているか質したうえで、計画変更の可能性を探る必要がある。かつてカンボジアでの撮影行で、ここに地雷があるか?と現地ガイドに聞いたら、「先月、カナダ人がここで爆死したので、もうそこには地雷は無いだろう。No Problem 」と返してよこした。確かに、そうだけど・・・(大汗)。

7.鉄道愛好者たるもの記録の準備を怠るな
 解説:有名な鉄道研究家に諭された言葉。今日乗った列車の運転区間、時刻、列車の編成、途中での出来事、窓から見えた別の列車や車両、沿線の様子。鉄道そのものではなく、その沿線の風土とか文化も記録すべしということ。記録したから何だ、と言ったところで何もないかもしれない。でも、それが「鉄道」なのでしょう。柔道、剣道、華道、茶道、武士道、極道と並ぶ「道」の修行でしょう。

8.借金してでも旅に出よ(学生の皆さんへ)
 解説:学生の間は、お金のやりくりは厳しいかもしれません。しかし、自由になる時間は、この時期しかありません。社会に出てしまうと、長期の鉄道旅行するカネはそこそこにあっても、まず時間が作れません。学生中に借金してでも汽車に乗れ、カネは就職して返すことができるのだ、ということ。
 

鉄道同心心得ノ条

 投稿者:DD51 2001('81卒)  投稿日:2008年 9月15日(月)00時18分59秒
返信・引用
  もう夏旅行も終わって、一橋祭の準備に入ろうかという時でしょう。そこで、過去からひきずっている鉄研格言を披露しましょう。
 ----
1.線路内立入禁止、死して屍拾う者無し
 解説:言うまでもなく、線路内に立ち入ることは、一般人として御法度である。ふつうの鉄道なら、当たり前と思うのは当然としても、ついつい線路端の犬走りを歩くこともある。あるいは、軽便やトロッコ軌道では小ささから、ついつい気が緩みがちである。安全第一が基本である。

2.人身1時間、信号半日、脱線1日、大事故・天災1週間
 解説:列車が不通になった時の復旧時間。人身事故は検分が済む1時間で運転再開される。信号機故障やポイント故障になると半日は絶望的で、終電までダメと諦めた方が良い。踏切事故等で脱線すると事故調査委員の調査を要すので、マル1日はダメ。列車衝突や土砂崩壊になると1週間は不通で、場合によっては1年以上かかることもある。

3.食えるうちに宜しく食うべし。
 解説:乗りつぶしにしろ、撮影行にしろ、飯食うヒマがないのは常態だが、実際に飴玉一個も口にできなくなる時すらある。国内ではコンビニエンス店が多くなったので緩和されたが、海外、特にキリスト教圏ではクリスマスイブでは全ての店が早じまいするので要注意。用心のために、飲用水と非常食は常時携行したい。

4.電灯線あるところに道路あり
 解説:撮影行でどこに取り付き道路があるか、あるいは路地が大きな道に通じているか不安になることがある。そういう時に助かるのが電灯線で、ふつう、公道に設置されているので、道路連絡の検討がつくというもの。ただし、川を越える橋が無くても電線だけ延びている場合は、橋を探しましょう!

5.早起きは3本の得
 解説:有名な格言である。乗りつぶしには、朝の通勤列車は運行間隔が短かったりして効率が甚だ良いし、撮影する方では本数が稼げるという、非常にメリット大である。夕方のラッシュも同様と言えるが、撮影では夜間になってしまうことある。

6."No Probrem" はウソ八百
 解説:海外の鉄道の乗車旅行や撮影旅行へ行くと、しばしばこの言葉を駅員や旅行ガイドが発することがある。これを是認してはいけない。こう言われたら、計画が深刻な状況にあると理解すべきである。実態がどうなっているか質したうえで、計画変更の可能性を探る必要がある。

7.鉄道愛好者たるもの記録の準備を怠るな
 解説:有名な鉄道研究家に諭された言葉。今日乗った列車の運転区間、時刻、列車の編成、途中での出来事、窓から見えた別の列車や車両、沿線の様子。鉄道そのものではなく、その沿線の風土とか文化も記録すべしということ。記録したから何だ、と言ったところで何もないかもしれない。でも、それが「鉄道」なのでしょう。

8.借金してでも旅に出よ(学生の皆さんへ)
 解説:学生の間は、お金のやりくりは厳しいかもしれません。しかし、自由になる時間は、この時期しかありません。社会に出てしまうと、長期の鉄道旅行するカネはそこそこにあっても、まず時間が作れません。学生中に借金してでも汽車に乗れ、カネは就職して返すことができるのだ、ということ。
 

です!

 投稿者:通りすがりの部員(経2)  投稿日:2008年 7月31日(木)19時21分6秒
返信・引用
  この掲示板を見ている一橋生の皆さん、テストお疲れ様です。
私は火曜日に一通りテストが終わり、一安心しているところです。
ただ、その出来は9月の成績発表の日になってみないとわからないですね・・・。

さて下で部長が書かれている通り、8月下旬には一橋鉄研一大イベント、夏旅行が控えています。鉄研の旅行と聞くと「鉄道以外使ったら駄目なんでしょ」と思われる方が多いと思います。しかし、当鉄研の旅行は「現地集合・現地解散」が基本です。鉄道のみならず、バス、飛行機、フェリーなどをフル活用して、人それぞれ様々な方法で旅行をします。去年の夏旅行では各部員、普通列車・寝台特急・フェリー・飛行機など様々な交通手段を使って九州に来ました。旅行中も、鉄道をひたすら乗る人、観光をメインに楽しむ人、その両方を楽しむ人などなど様々でした。

私にとって、旅行本体だけでなくその計画を立てる過程も醍醐味の1つです。夏旅行以外にも、様々な旅行の計画を立てているのですが、予算の関係で実際に実行できるのは1つか2つくらいですね(笑)

皆さんも夏休み中、サークルの合宿、家族・友人との旅行などなど遠く(海外含む?)に出かける機会があると思います。その際は是非是非楽しんできて下さい。冬学期に、"パワーアップ"した皆さんに会うことを楽しみにしています。
 

夏休み

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 7月30日(水)19時44分55秒
返信・引用
  今日で試験期間が終わって明日から夏休みという人が多いのではないでしょうか。

大学の夏休みはとても長いので、きちんと計画を立てて有意義に過ごしましょう。鉄研では夏旅行がありますが、今から無事に終えられることを願うばかりです。

鉄研では10月以降も新歓活動を続けていきますので、夏休みにパワーアップして遊びに来て下さい。

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

夏コンパ

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 7月 9日(水)16時26分48秒
返信・引用
  また間があいてしまいました。

さてさて、1年生の皆さんは先週末にKODAIRA祭が行われて大忙しだったのではないかと思います。そして、KODAIRA祭が終わるともう期末試験ということで休む暇もありませんね。私は、試験期間中の最終日にやるだろうと思っていた試験が、来週の授業期間中にやるということを知って、愕然としているところです。

そんなことはおいておいて、鉄道研究会では今週の土曜日に部会と夏コンパを行います。4月から始まった新歓活動も、来週で講義が終わりということで、今週いっぱいです。そんな夏の締めくくりとして、今学期最後の部会を行った後に、新宿で夏コンパを行います。夏コンパには多くのOBの方も参加される予定です。是非参加してください。

追伸:掲示板をご覧のOBの方へ
今週の土曜日の夏コンパには、まだまだ参加していただけますので、参加していただける場合には、私まで御連絡ください。

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

Re: 夏旅行

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 6月23日(月)21時10分31秒
返信・引用 編集済
  > No.29[元記事へ]

しみちょくさんへのお返事です。

> ちなみに、今年はどちら方面で、いつ頃なのでしょうか?

今年は、8月下旬に北海道へ行く予定です。

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

レンタル掲示板
/6