teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


夏旅行

 投稿者:しみちょく  投稿日:2008年 6月23日(月)12時02分6秒
返信・引用
  ちなみに、今年はどちら方面で、いつ頃なのでしょうか?  
 

雨の国立

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 6月 9日(月)22時44分43秒
返信・引用
  今日は夕方からすごい雨でしたね。国立は排水設備が整っていないので、大学通りの歩道は池と化し、交差する道路は激流となっていました。私はずぶ濡れになりましたが、皆さんは大丈夫でしたでしょうか。

さて、今日から再び目に見える新歓活動を始めました。貼りビラや撒きビラ、立て看板を目にした方も多いと思います。鉄研では、これからも精力的に新歓を行っていきますので、まずは毎日昼休みに1309教室で行っている説明会にお気軽にお越しください!

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

大学案内2009

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 6月 3日(火)18時55分41秒
返信・引用
  またまた久しぶりの書き込みです。

今日は、『大学案内2009』についてお知らせがあります。
この掲示板は、未来の一橋生も見ていることでしょうから、すでに『大学案内2009』を見た受験生もいるかもしれません。すでに見た人は気づいたでしょうか。実は、『大学案内2009』のサークル紹介ページに鉄研の写真が掲載されています。(39ページ,9枚の写真の中で、右下の写真です)

数多くの体育会・サークルがある中で、鉄研が掲載されるということを、すごいと思うのは私だけでしょうか。
『大学案内2009』は、以下のリンクから見ることができるので、まだ見ていない方は是非見てください!
http://www.hit-u.ac.jp/admission/digital_p/pamphlet.html

あと、来週から再び表立った新歓活動を行っていきますので、そちらにも是非お越しください。詳細は、以下の公式HPをご覧ください。

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

思い出の鉄研旅行

 投稿者:DD51 2001('81卒)  投稿日:2008年 5月24日(土)18時28分52秒
返信・引用
  30年前大学2年生だった時、鉄研北海道旅行でメンバーの合流する前の日のこと・・。(以下は会報「たまこせん7号」より抜粋)
 夏の北海道の朝は早い。急行利尻の音威子府着は3時過ぎだが、隣りのホームに入線していた天北線721Dのキハ22形136と306号の2連は、もう明けの空にシルエットを映していた。眠い眼で乗り込んだ306号が、浜頓別から興浜北線の921Dになることを確認した後は、窓にもたれてうたた寝だった。しかし、それも眩しい朝日で中断せざるを得なかった。確かに目には原生林や笹原の原野が入っていたはずだが、どうも覚えが無い。
 浜頓別で切り離され、逆向きに単行で再出発した。赤字ローカル線十指に入る線だけあって、同好者3名と地元の人らしき3名だけだった。それが、目梨泊の海を見おろす岬越えになると、みんなでキラキラ輝く海を見つめ、誰もが窓を開け放した。オホーツク海からの風は真夏だというのに、なぜか冷たかった。
 北見枝幸駅を出て、バスターミナルに急いだ。「汽車で来なさった?」と宗谷バスの前に立つ運転手が訊ねてきた。肯定すると、「ボチボチ行くかな」とタバコをもう1本くゆらせた。国道を挟んで、草原とオホーツク海がどこまでも広がっていた。やたらとバネが柔らかい、中古ハイウェイバスは忠実に路面の凹凸を拾ってバウンドを続けた。風烈布・早稲田・音稲布と小集落があったが、雄武までに10人しか集まらなかった。
 雄武からの826Dはキハ22形70号単行だった。同じような景色が続いて、ようやく町らしい街が見えてきたら、興部であった。時は9時45分。駅の売店で150円の3色パンと55円のコーヒー牛乳を買い、ベンチで遅い朝飯にした。時間があったので、入場券集めのため西興部へ出た。626Dはキハ22形2号以下2連で、さすがに名寄本線の列車らしく座席は半分以上埋まっていた。
 返す625Dまでの18分間、西興部ではポプラの木が風に煽られザワザワ音を立てていた。正午のサイレンが鳴り、駅前をゆっくりと荷馬車が通り過ぎた。625Dもキハ22形217と49号の2連であった。興部の駅には駅弁売りが立ち、列車が発車するときにはキッチリと礼を忘れなかった。
 渚滑で降りて、渚滑線725Dを待った。DE10の牽く貨物列車が停車していて、積み荷はチップ材や雑貨類のようだ。列車はキハ22形70と321号で、朝に興浜南線で乗車した車両があったのがおかしかった。下渚滑までの広大な牧草地から、だんだん山が迫ってきて、北見滝ノ上は山間の集落だった。駅前の丘陵にシバザクラの公園を造るそうで、「東京から観光客を呼ぼう」という看板に、その意気込みが感じとれた。
 折返し728Dが紋別に着くと、前線の通過らしく驟雨に見舞われた。名寄本線627Dはキハ22形6と64号の2連で、市内の高校から帰る学生が大勢乗り込もうとしていた。幸いにも窓側座席を確保できたが、砂丘地帯を進むうちに、数人づつ学生は下車して行き、ほどなく車内はガランとしてきた。雨がやんで、オホーツクに大きな虹が架かった。
 中湧別で湧別行きに乗り換えると、こちらはキハ22形69号単行。名寄本線上下列車と湧別行きで、中湧別はちょっとしたラッシュのようであったが、この列車には9人しかお客がいなかった。臨時乗降場四号線の手前で、さっきの荒天で落ちたと思われる枯れ枝を巻き込み安全確認したために、湧別には3分遅れで到着した。1日2往復なのに、駅員がいて出札をしていたのが驚きだった。「お客さん、そろそろいいかね」と、急かされたお客とは、駅の写真を撮っていた僕のこと。
 中湧別から接続が無いので、北見バスで遠軽に出た。夕闇に包まれていた駅前を、一膳飯とビールを思い描いて、食堂探しにウロウロ歩き回った。
・・・今、地図を広げると、この日乗った線はすべて廃止され、まるで空白な1日だったような錯覚を受ける。けれども、この日の行動は、30年経っても鮮明に思い出すことがある。特に疲れきった1日、帰宅の電車の中で・・・
 公共交通機関を駆使し、国鉄全線乗車のため日本全国を回っていた一橋鉄研時代は、生涯の記憶であり、二度とない時が流れていた。(鉄研OB)
 

説明会継続中

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 5月15日(木)18時46分53秒
返信・引用
  久しぶりの書き込みです。

現在、諸事情により目立った宣伝はしていませんが、平日の昼休みの説明会は1309教室で継続しています。1年生は今頃、KODAIRA祭の準備で忙しいでしょうから、説明会に来ることが難しいかもしれません。
でも安心してください。そんな1年生のために説明会は少なくとも6月末までは継続する予定です。(5月21日は体育大会のため、6月6・9日はKODAIRA祭の準備・後片付けのため、6月20日は大学院入試関連のためお休みです。)

また、6月以降の部会の日時・場所については随時HPにてお知らせしていきます。部会は、教室のドア横に「鉄道研究会」の垂れ幕をかけて、ドアを開けて入りやすいようにしておきますので、気軽に遊びに来て下さい!

鉄研では、いつでも歓迎します!

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

GW活動状況

 投稿者:DD51 2001('81卒)  投稿日:2008年 5月11日(日)00時28分20秒
返信・引用
  道路財源法律が再可決されないうちの安いガソリンによるクルマ利用の列車撮影で、4月29日に大糸線へ行ってきました。
1:北陸本線 糸魚川~青海川 姫川橋梁
 ここで夜明けの急行501M「きたぐに」583系を撮影。手すりが少し目障りだが、貴重な長編成撮影には適する。
※2:大糸線 頸城大野 駅周辺
 418Dは青色の旧DC色キハ52で、これは駅発車で撮影。422Dは朱色の首都圏色で、これを駅進入で撮影。サクラは散り、強風で田んぼの水鏡はダメ。平凡な撮影になった。
※3:大糸線 根知~頸城大野 トンネル出口
 会社の同僚から教わった場所。サクラが咲いていたが、手前の菜の花畑で首都圏色421Dを撮影。
※4:大糸線 小滝 姫川橋梁
 青色423Dを姫川鉄橋で撮影。平成8年の豪雨で、国道橋もろとも流されて橋だが復元された。
※5:大糸線 南小谷~中土
 小滝~平岩~北小谷~中土は、道路改良が進んで、スノーシェッドやトンネルが整備されていた。う~ん、道路財源の成果だね。南小谷の北アルプスバックの撮影地へ。アクセスの「宮本橋」は30日から工事で当分閉鎖されるらしくラッキーだった。首都圏色424Dと425D撮影。ギャラリーは約10人で、この中では一番ファンが集まっていた。
※6:大糸線 信濃森上~白馬大池
 JR東日本に移って、北アルプス・バックの有名撮影地へ入る。ここで、ローカル電車のE127形や特急あずさ53号のE257系を撮影。
※7:大糸線 飯盛
 この日は臨時特急8031Mしなの81号が381系でやって来る。あずさを撮って、すぐに白馬より南へ入ったが、適当な場所が無く、飯森駅脇の国道オーバークロスから撮影した。JR東海の381系は、今回のGW運用が最後となったらしい。
 もっとも、大糸線に最後に通し乗車したのは鉄研在籍中だったかなぁ。デジタルカメラ全盛にあって、同期のY氏もデカペンからデジカメに宗派替えしたらしい。未だにローライの6X6サイズ銀塩フィルム使用中だが、リバーサル現像がまだ上がってこないのが癪のタネ。
 

(無題)

 投稿者:一橋祭運営委員会  投稿日:2008年 5月 9日(金)01時00分11秒
返信・引用
  はじめまして。
一橋祭運営委員会で本年度シンポジウム企画窓口を務めます下森と申します。
本日は今年度の一橋祭にぜひ参加していただきたいと思い、こちらに書き込みをさせていただきました。

一橋祭の参加方法としては模擬店・ステージなどがありますが、「シンポジウム企画」というものがあるのはご存知でしょうか?
簡単に説明させていただくと、シンポジウム企画は講師やゲストの方をお呼びしての講演会やパネルディスカッションなどの企画のことを指します。例年、学術系企画に限らず、参加団体の方々からは様々な質の高い企画を行っていただいており、一橋祭全体の盛り上がりにも貢献していただいております。
興味のある分野のスペシャリストを呼びたいという気持ちがあれば、それだけでシンポジウム企画を行うのには十分な理由です。皆様も著名人の方を呼んでみませんか?

とは言うものの、「呼んでみたい人はいるけど、どうすればいいかわからない…」という方もいらっしゃると思います。
6/25に行われます一橋祭参加ガイダンスにて企画の作り方や参加申込み方法等をご説明いたしますので、少しでも興味を持っていただけましたらぜひお越しください。
シンポジウム企画は、自分の知識や教養を高めるだけでなく、自分の興味のあることを広くひとに知ってもらえるまたとない機会です!実際に話を聞くことで、講師の方の本を読むだけでは得られないような知識や共感が得られるのもシンポジウム企画の魅力と言えると思います。
それでは、鉄道研究会さんのご参加を心よりお待ちしております。
何かご質問等ございましたら、下記のアドレスまでお気軽にご連絡ください。


一橋大学経済学部二年
一橋祭運営委員会シンポジウム企画窓口担当
下森聖
Mail:sympozemi08@yahoo.co.jp
 

鉄道に関する勉強会

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 4月28日(月)22時49分33秒
返信・引用
  スポーツ大会も終了して、新生活も一段落といったところでしょうか。
サークル等による新歓活動もそろそろ終盤に差し掛かり、入るサークルを決めた新入生も多いと思います。でも、まだまだ入るサークルを決めていない新入生もたくさんいると思います。そんなあなたに鉄研をお勧めします。
鉄研では、毎日昼休みに1309教室(東1号館3階)で説明会を行っていますが、今週以降の部会では、鉄道に関する勉強会を行います。今まで何気なく利用してきた鉄道を、学問的観点から見つめなおしてみることが目的です。皆さんが鉄研に抱いているイメージを180度変えること間違いなしです。詳しくは公式HPをご覧ください。
ただ、人が集まってダベって終わりではありません。真面目に鉄道・交通について考えてみることで、きっと将来役立つ洞察力・議論する力が身につきます。大学生活は楽しみたいけど、真面目なこともしたいという人、お待ちしています!

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

説明会スタート

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 4月 9日(水)21時09分12秒
返信・引用
  今日から講義が始まり、鉄研の毎日昼休みの説明会も今日から始まりました。まずは、今日の説明会に来てくださった皆さん、ありがとうございました。少しでも鉄研に興味を持っていただけたら幸いです。
さて、HPでもご案内している通り、今度の土曜日に新歓ハイキングを行う予定です。行先は埼玉県にある鉄道博物館で、費用は全額鉄研が負担します。もし、興味がある方は、明日・明後日の昼休みに1309教室(東1号館3階)で行われている説明会にお越しください。詳細はその際に説明します。
1人でも多くの方が説明会に来られることを楽しみにしています!

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

講義開始

 投稿者:部長メール  投稿日:2008年 4月 8日(火)16時59分23秒
返信・引用
  いよいよ明日から講義が始まります。新入生の皆さんは、新歓合宿やオリエンテーションを経て、いよいよ本格的な大学生活のスタートですね。
そんな大学生活のアクセントに是非鉄研をどうぞ。鉄研は明日から毎日昼休みに1309教室で説明会を実施します。また、明日は14時から209教室で新年度最初の部会を実施します。ドアを開けてオープンな雰囲気にしておきますので、是非気軽に遊びに来て下さい。今度の土曜日には新歓ハイキングが予定されているので、それに興味がある人も是非来て下さい。
詳しくは、鉄研HP「新歓特設ページ」をご覧ください。

http://www.ikkyo-tekken.org/

 

レンタル掲示板
/6