teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最悪の米朝首脳会談

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 6月15日(金)01時17分58秒
  『海上権力史論』は引続き少しづつ読み進めているところですが、この度は、余りにも余りな、史上最悪の「米朝首脳会談」の結果が明らかになりましたので、どうしても一言、言わずにはいられません。

トランプは、将軍様に自分と対等の地位を与え、その体制を保障し、非核化の手段も時期も定めず、米韓軍事演習は将軍様への威嚇であったと認めて中止し、あまつさえ、北朝鮮の人権問題は不問にし、拉致被害者奪還の道筋も付けませんでした。

流石に大陸間弾道弾だけはご法度としたようですが、要するにそれは、「アメリカが無事ならそれでいい」ということでしょう。要は、「俺は降りた。あとは韓国と日本が何とかしろ、金も出せ。」ということです。

確かに歴史的な会談だ。アメリカが為した史上最悪の歴史的会談の一つだと、後世の教科書や専門書に記載されることでしょう。これは、北朝鮮の韓国侵攻を誘発して朝鮮動乱を惹き起した「アチソン・ライン」宣言の再来なのです。しかも恐らく今回は、韓国は反撃に転じることなく、北に制圧されるままになる、否、その必要もない、平和裡に喜んで北に付き従い、自ら併合、もとい連邦に応じて、戦争にすらならんでしょう。

そうなると今度は、米軍の仁川上陸はない。ソウルも釜山も陥落。嘗てのサイゴン陥落よろしく、米軍は朝鮮半島から尻に帆掛けて撤退するのでしょう。

ことは東アジアだけに留まりません。これはアメリカ大統領が北にフリーハンドを与え、期限付きという建前で事実上の核保有国と認めたということですから、世界中のヤバい国が、俺も将軍様に倣いたいと、同じことを推進するに違いないからです。既に危ないのがイランで、ちょうど先に多国間核合意から、アメリカが卓袱台返しで抜けた訳ですから、これ幸いと核保有に踏み切り、自分も「事実上の核保有国」としての地位を獲得しようと動くでしょう。

あとは、サウジアラビア、エジプトと「順調に」各ドミノが広がる悪夢の世界です。そうなると日本も核武装の論議が起るでしょうし、なれば韓国も核保有に踏み切り、第一次世界大戦のように、切っ掛け一つで地獄の世界が再来です。

こんなのが本当に責任ある超大国の国際協定なのでしょうか。「アメリカファースト」はいい。自国が第一なのはどこの国でも一緒だし、ファーストならセカンドもサードもある。しかし今回のトランプの所業は、自分だけ良ければいいという、「アメリカオンリー」そのものです。トランプはG7も引っ繰り返して後ろ足で砂を掛けたし、今後も本気で「俺さえ良ければいい」を貫くつもりなのかもしれません。それがどれだけ「結局自分に数倍返しで還って来る」ことを、いい加減アメリカも、これまでの苦い歴史で学んだのではなかったか?

こんなのはまともな国際交渉・協定ではない。トランプの手前勝手なビジネス契約だ。アメリカは最早そのDNAと言っていい「ド素人外交」に完全に舞い戻ってしまいました。形を変えたモンロー主義の再発現。猖獗を極めたグローバリズムの思潮を止めた彼に対して、私は一定の評価を与えていただけに、その見通しの甘さに地団太踏んでいます。

中国はこの会談を受けて早くも制裁緩和の準備を始めているようですが、これで完全に中国は北を盾にも矛にも利用できる、当のアメリカがそれを認めたと、中南海は浮かれて大はしゃぎでしょうよ。

嘗て朝鮮半島を領有し、満洲を勢力下に置き、大陸の安定と共産主義の防止に腐心する日本を、背中から斬り付けた(フィリピンを殖民地化し、キューバを保護国化し、自国内ですら黒人など有色人種を徹底的に差別し、搾取していた)アメリカですが、約八十年の時を経て、歴史はミニチュアサイズで再び繰り返しました。

トランプは最悪そうしかねないとの観測は兼てありましたが、もっと最悪なのは、拉致と核とミサイルの包括的解決なくして、制裁解除は有得ず、経済支援も国交正常化もしないと、これまで十数年間にわたって言い続けてきた日本政府が、腰砕けになって、アメリカに追随し、なし崩しに北の体制支援に動いてしまうことです。何せ、総理大臣自ら、「アメリカと百%共にある。」なんて言ってるわけですから。

そしてもっと最悪なことは、腰砕けにアメリカに追随して十数年来の国是を枉げるであろう日本政府に、国民が大して異を唱えなくなることです。まるで羊のように、否、湖に集団で身を投げるレミングの大群のように。ハーメルンの笛吹き男に付き従って洞穴に消えた子供たちのように。

普通なら、この未曽有の国難に対し、次年度予算では、防衛費は倍増、三倍増とするのが普通の感覚で、折しもこの八月に予算の政府原案(昔は大蔵原案と呼ばれていたものです)が仕上がる日程ですから、是が非とも、防衛費は十兆円超の予算を組んで国難に対処すべきところですが、肝腎の財務省は、「ザイセイハタンー」とかアリもしないことを言って、考えられうる限りの緊縮財政を組み、景気を冷して国力を落し、つまり税収すらも減らす消費税増税の旗を腕も折れんとばかりに打ち振るのでしょう。

そしてそれに国民は危機感すら抱かず、或る者は無表情に、或る者はしたり顔に、そして或る者は関心すら全く持たずに、財務省と新聞の亡国の旗振りに付き従うのです。

日清戦争の風雲が急を告げた頃、明治政府は軍備増強に奔走し、帝国議会でそれが否決されると、官吏の俸給一部返上、明治天皇からの御下賜金も賜り、何とか日清開戦に兵備を間に合せましたが、今の政府は率先して予算を緊縮にしていく始末。国民も「痛みに耐える」とか言って、そのプレイにエクスタシーを感じて涎を垂らしている始末。纏足を誇った中華王朝の妻女もさぞかしビックリでしょう。既に我が国は、新中国に国力の点で逆転を許して久しいのです。一たび戦機熟して尖閣辺りで衝突起きなば、短日裡に、今度は日本が打ち負かされるでしょう。

大東亜戦争に敗れて、今度は「新・日清戦争」にさえも敗れることあらば、日本は「人民解放」軍に蹂躙され、男は殺され、女は犯され、皇室も断絶、北京が唱える「第二列島線」は完成し、米中で太平洋は分割、西太平洋は中国海軍の制海権下に入ります。嘗て元寇を跳ね除けた神武以来の日本の栄光の歴史は、永遠に終ります。あらゆる文芸も滅び、文字も簡体字に変えられ、歴史書はオーウェルの『1984年』よろしく、総て北京の都合に合せて書き換えられます。

もう、樺太の奪還どころでない。

凶悪な者どもの、高笑いが聞える。私は長らく、新樺太世界は理想、夢想に近いもので、並列世界が現実だと受け留めてきましたが、このままだと、新樺太世界のみが生き残って、並列世界こそ消滅する日が見えてきました。何と言う、皮肉なことでしょう。
 
 

死屍累々、でイイのだ!

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 6月 5日(火)20時23分26秒
  これは並列世界の話ですが、樺太を少しも内地に近付けない安倍総理は断然不支持です。元々彼の人を少しも信じていませんでしたが、この朝鮮半島問題が静まり次第、早く辞任してほしい。彼の後釜は、もっと駄目な人でしょうが、その駄目な人も徹底的に不支持にしたいです。そして辞任に追い込む。

その辞任に追い込んだもっと駄目な人の後釜も、もっともっと駄目な人でしょうが、そのもっともっと駄目な人も徹底的に不支持にしたいです。そして辞任に追い込む。

その辞任に追い込んだもっともっと駄目な人の後釜も、もっともっともっと駄目な人でしょうが、そのもっともっともっと駄目な人も徹底的に不支持にしたいです。そして辞任に追い込む。

…以下繰返し。

そうすれば、その廃墟の中から、やがて我々が何を望んでいるが察した、本当に鍛えられた人がようやく出てくるようになるでしょう。それまでの政治の混乱は、我々が誠に愚かな政治家しか育んでこなかったこれまでの咎の報いです。そして未来へのしんどいしんどい投資です。

馬鹿がトップに来る度に否定し続ける、それが我々「下に立つ者」の役割と心得ます。
 

外交のシビリアンコントロール

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 5月23日(水)08時27分57秒
  ようやく代休が取れたので、陽光穏やかな東京で心も栄養補給中です。

さて私は、日本には今、積極財政路線を採るより他ないと思い定めている者ですが、実際には財務省が全ての財政政策に専横的な支配力を及ぼしていて、世にも稀な緊縮財政路線を20年以上にわたって取り続けています(取りも直さず、これこそ日本がこの20年間デフレに陥っている元凶そのものなのですが)。

軍事のシビリアンコントロール(文民統制)は、長い歴史的陶冶を経て、世界的にもこれが是とされて、今の日本もその例に漏れませんが、しかし、外交と財政はどうでしょうか。正直、それらは今や全部、外務省と財務省の専横に握られているのではないでしょうか。嘗ての陸軍もビックリです。

さてここでお立会い、樺太千島が日本に還らないのは、外交にシビリアンコントロールが効いていないせいではないでしょうか。

アメリカ合衆国は、外交にしばしば議会が干渉し、或いは政権交代に伴い大統領府自らが過去を覆し(国際連盟を提唱したウィルソン大統領が連盟に入らなかったり、現在ではトランプ大統領が、TPP交渉からいきなり離脱したり)、外交的安定は甚だしく損なわれていますが一方、外交にも非常にシビリアンコントロールが効いている状態です。

我が国も、これをこそ目指すべきではないか。新憲法論議が巷間闘わされているようですが、単に九条論議(軍事のシビリアンコントロール)だけでなく、外交と財政のシビリアンコントロールも俎上に載せるべきだと思うのです。

それと、これは本邦初公開で、私以外の誰もこれに言及していない(だろう)と確信しているのですが、新憲法では、英連邦ならぬ、日本連邦を提唱すべきではないかと。日本とゆかり深かった国々に、政治、経済、文化、その他(いずれは軍事を含めても良いでしょう)で連携を与える条項を設けるべきでしょう。この効果たるや本当に計り知れません。

いかがでしょうかね。
 

連休疲弊編

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 5月 8日(火)19時05分24秒
  『海上権力史論』、連休中に読めなかったというヘタレ話です(泣)

中々厳しいものですねぇ。連休前半は、母が「孫たちが帰ってくる前に」と言って、せっつかれて一緒に畑仕事に精を出し、連休後半は、弟妹の子供達を嵐の「お・も・て・な・し」。

まだ彼女彼らは小さいので、分別も遠慮もなく伯父(私)の身体に飛び乗って来て「遊んでー!」と。色々連れてゆきもしましたし、全精力を使い果しました。。それなのに…、従兄弟頭の姪っ子(弟の長女、小一)からは衝撃の一言が。座っている私に甥っ子達が左右から飛び掛ってきて(右手から妹の長男、左手から弟の長男(第二子))揉みくちゃに掻き回していると、私の眼鏡が外れてくるので、一旦眼鏡を外して保護し、安全を確認して掛け直すと、そこで目が合った姪っ子が、「おじちゃん、眼鏡外すと、キモーい」と!

「なにーーーっ!」、近年、これほどショックを受けたことはありませんでした。お年玉も、サンタさんも、何の効果もなく、私は単なる「(眼鏡を外すと)キモい伯父さん」に。

というわけで、伯父さんは今、魂の故郷、新樺太市に還って来て、引き籠っています。『海上権力史論』書評とそれに伴う日本の戦略構想は、心の傷が癒えたその日から。
 

『海上権力史論』ゲットだぜ

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 4月29日(日)22時24分32秒
  私がいつぞや、読むぞー、と言っていた、アルフレッド・マハン著『海上権力史論』ですが、どうしてなんだか、手違いで母の住所に届いてしまったので、今日ようやく実本を手にしました。ま、私は原語で読めるほど英語力はないので、訳本ではありますが、連休中に挑んでみることにします。楽しみだな~。  

金沢は本当に繁栄していた

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 4月23日(月)22時18分14秒
  金沢出張から帰ってきました。北陸新幹線に乗るのは今回が初めて。東京と金沢が新幹線でいとも容易く往復できるということが、未だに信じられません。大阪へ行くのと変りません。

噂には聞いていましたが、金沢は本当に栄えている!街全体が活気に溢れているのが、暫らく居ると実感できます。再開発地区がそこかしこにあり、スクラップアンドビルドでビルなどがどんどん建築されている。公共交通機関(鉄道、バス等)がハード面でもソフト面でも非常に使い勝手がいいように整備されており、ビジネス客にも観光客にもとても便利。雇用が行き渡っており、高齢者も労働市場に活発に参入しているのが分る。名所史跡や地の文化が充実しており、魅力に溢れている。歓楽街は盛況、人々の表情が明るい。それなのに、人口密度は左程でないので、人が溢れて不便を呈するようになっていない。金沢は戦時中の空襲が余り酷くなかったのか、古い建物がたくさん残っていて、私は更に感銘を受けました。金沢城や兼六園は流石の加賀百万石の風格。お城の水路には清冽な水が流れ、カワニナやシジミ貝なども多数生息。水路脇を清掃していたおばちゃんに聞いてみると、やはり夏場には蛍が乱舞するそうです。街の中心部に蛍が舞うとは、何と素適な街か。日本全国の街が、金沢のようであればいいのに、と思ったくらいです。

新幹線効果は物凄いですね。これは樺太新幹線、とてもとても期待できそうです。日本は新幹線と共に!新幹線は日本と共に!これを徹底させ、日本の津々浦々に新幹線網を張り巡らせましょう。

さて、並列世界はスキャンダルに塗れていますね。加計学園問題で話題になった前川次官、退官後に好き勝手言って回っているようですが、その発言を聞いてみれば、驚くべき不見識さ。高校生の中退を減らすためには、落ちこぼれを作らないように、数学を必修課程から外すべきだとか。じゃあ英語はどうなるの?国語は?体育は?そんなんで学校へ行く意味、あるんですかね。こんな人で文部科学次官が務まったことが私には信じられません。そりゃあ日本の教育が悪くなる訳ですよ。

福田財務次官も恐ろしい。この人、嘘を堂々とついただけでなく、組織で隠蔽を図って開き直りましたよ。今でも、「この俺様に向って、楯突くのか」くらいにしか考えていないのがありありです。驕って、高ぶって、反っくり返って、それで退職金は五千数百万円ですか。セクハラしまくった上、我々には増税と社会給付の減額と社会保険料の増額を押し付けて、実にいい商売ですね。

米山新潟県知事も傑作です。現職知事が援助交際をして辞任なんて前代未聞でしょう。灘高から東大理科三類、ハーバード大留学に司法試験も突破、とんでもないエリートの筈が、どうして柏崎刈羽原発の再稼働を止めようとするのか、技術論も法制度論もエネルギーの逼迫も分らぬ訳がないのに、何て怪しい人だろうと思っていたら、本当に怪しい人だった。

いやぁ、並列世界日本の病理は、上記ご三方に集約されていますな。余りにもお見事過ぎて、終っています。これが映画の筋書きなら、脚本は没になるでしょう。それが白昼堂々の事実なのが恐ろしい。事実は小説より奇なり。せめて誰か彼らに、「あなたは裸の王様ですよ」と言ってあげなかったのかしら。
 

頼もしい部隊

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 4月 7日(土)20時33分48秒
  さて、待ちに待ちたる新設部隊、本日御披露目です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000035-reut-cn

この陸自の水陸機動団、二個連隊から出発して、いずれは三個連隊で一旅団を形成する見込とのこと。どうせならもう一旅団形成して、北方配備。アリューシャン列島でも訓練を行い、樺太千島奪還への中核部隊とすべきです。

それにしても、自衛隊も心憎い。本日4月7日は実は、73年前、沖縄奪還に向った戦艦『大和』が、東シナ海で非業の最期を遂げ、雲霞の如く押し寄せる米艦載機群に撃沈された日なのですから。今度こそ沖縄を護り、敵を討ち果さんとする自衛隊の燃ゆる心意気が見えるようです。機動団隊員の背景には、護国の鬼となった大和他、艦隊乗組員達や、玉砕した陸海軍将兵、沖縄県民の魂が数多見守っていることでしょう。

さて、とはいえ、一個旅団程度では、樺太千島の奪還にはとても足りない。ロシアが核を持っていることを考えれば、電撃戦で一気に全域を押えてしまわないといけないものと思われます。やたらに人員や装備を整える前に、一度慎重に奪還作戦の図上演習をしてみて、陸海空で何がどのくらい必要なのか、真面目に検討してみるべきでしょう。

外交交渉に梃子を利かせるためには、まずこれが必要であると思います。
 

映画『北の桜守』鑑賞記

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 4月 7日(土)13時10分48秒
  午前中に、吉永小百合主演(彼女の息子役に堺雅人)の映画、『北の桜守』を観に行って参りました。並列世界のお話ではありますが、我々新樺太市民にとっても、内容的に納得できる樺太が描かれていました。非常に叙情豊かな作品ではありますが、ソ連の非道極悪、避難民の筆舌に尽しがたい苦難、戦後日本社会の冷淡について、静かに、そして余すところなく描き切っていたと思います。

中でも、劇中に「サハリン」というロシア用語などが一度も出てこなかったのは、正直、賞讃に価すると思いました。ソ連(ロシア)に媚びていない。劇中には馴染み深い南樺太全図が出てくる他、地名や都市名なども、全て日本語のまま。かの小笠原丸も、看護婦自決事件もきっちり出てきます。

改めて、日ソ中立条約を破って侵攻し、民間人を暴行虐殺した露助に激しい怒りを覚えた次第です。シベリア抑留の話も出てきますし、私は祖父がシベリアに何年も連行されたこともあり、もし祖父がそこで死んでいたら私はこの世にいないと慄然とする思いです。…この事実が何を物語るかというと、倫理的には、並列世界の日本人は、日ソ或いは日露の条約協定を一度は破り捨てて樺太を回復する権利があるということです。こちらがやる気を見せない限り、ロシアが外交のテーブルに乗ってくる訳もありません。

さて、劇中には、戦後昭和時代の札幌などが頻繁に登場するので、北海道の方などは、非常に懐かしい気持になられること請け合いです。

ただ残念だったのは、映画を観に来られていた方は、ほぼ全員がシルバー層。結構大入りでしたのに、中年の私が最年少だったのには驚きました。出色の出来でしたのに、若い人達にこそ観て貰いたいものです。戦争(実際はソ連の侵略ですが)を描いた映画として、文部省推薦としていいくらいと思います。私はいつか時期が来たら、子供達にこれを必ず見せねばなと思った次第です。
 

我が国の利益線を考える

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月30日(金)00時13分10秒
  以前、我が国の「利益線」の東部、南部、南東部、南西部はどこまででしょうかね、という話をしましたが、漠然と考えても仕方がないので、その前に読むべきテキストとして、アルフレッド・マハンの『海上権力史論』を考えました。どうしたって日本は海洋国ですから、その利益線を考えるのなら、歴史的にも国際的にも定評のある同書を参考にしないと、議論がぼやけるでしょう。

書店にも古書店にもなかったので、しょうがなくネットで取寄中です。なのでこのお話は、同書を読んでから続けます。

さて、最近私は、山村などで顕著な過疎の解決について、考えることが多くなりました。新樺太世界では、樺太の林業はいよいよ盛んでしょうから、山村地区での過疎は内地よりも抑えられているものと推察されますが、それでも全国的に共通の課題でしょう。

小水力発電について色々と物申している中島大氏の本を読んで、成程、エネルギー革命と外材の自由化のため、山村から都市に対する薪炭によるエネルギー供給と木材の供給が現在は途絶えているため、都市から富が山村に還流せず、必然的に山村が過疎化、消滅するとの指摘は至極もっともだと思いました。言われてみれば全くその通り。ぐうの音も出ないくらい正論です。

そこで中島大氏は、小水力発電で出超だった山村に富を還流させて人口を定着、これまで山村が担ってきた治山と治水の機能、文化を復興しようというお話です。これに『里山資本主義』で指摘されているような、ペレットによる木質バイオマス発電やボイラーの採用を組み合せれば、成程相当の効果が出そうです。薪炭による山村から都市へのエネルギー供給(とそれによる富の還流)というのは最早現実的ではないので、そういう解決策が出るのでしょう。

しかし、何ならば、外材に関税を掛けてしまえばいいのに。現在木材自給率は約三割。山村に活力が出る程度にまで関税率を上げていきます。現在日本の外材輸入先は、主要なところでカナダ、北欧、東南アジアですから、特に交渉負けすることは考えなくとも良さそうです。TPPはトランプが蹴飛ばしてくれましたし、北欧だと日EU間EPAが心配ですが、ノルウェーはそもそもEUに入ってませんし、EUはこの手の環境保護的なことには理解が深いので、追加交渉して頭下げれば、乗ってきてくれるでしょう。代りに、自国の林業が盛んなオーストリアなどの林業機械、技術を買ってやると言えばいいのです。

何より我が国には、関税自主権があるのですから、WTOで提訴される下手さえ打たなければ、自国の国土と環境を守るためには、致し方のないことですね。こういうことが有り得るから、私は、TPPだのEPAだの、やたらめったら自由貿易協定を結んで縛ってゆくのは、反対なのです。

そして、輸入外材からの関税収入で、例えば、山村・林野事業特別会計でも作って、荒廃した我が国の山林・環境整備事業の財源とすれば、完璧ですね。うーん、財源まで出来ちゃった。

この態勢ならば、山間地の林業は再興して過疎地に人が戻り、現在課題となっている治水にも効果がある。山林に手が入れば、鹿や猪の楽園になって獣害が多発している農村部も救えますし、併せて花粉害のない品種への植替えも進んで、国民の健康も増進すると、いいことづくめです。日本国民の花粉症による健康被害や経済損失って、馬鹿にならんと思うんですよね。
 

遥か日本最南東端より千島を望む

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月25日(日)15時33分49秒
  私は、一度も行ったことがないのに離島が好きで、単に憧れてるだけかもしれませんが、偶にWebで離島の映像や動画を見て愉しんでいます。特に一番好きなのが、南鳥島で、行ってみたい憧れが嵩じて、真っ白な砂浜と岩礁が広がる広漠たる青い海が夢枕に現れる始末。って、そこまでは流石にですが、でも夢枕に現れてほしい今日この頃です。

で、その南鳥島ですが、ここには、「日本最東端の碑」というのが設置されているんですね。しかし、以前にはそれとは別に、「日本最南東端の碑」ってのもあったそうなんですよ。嘗てはそちらだけだったんですが、暫らく前にわざわざ「日本最東端の碑」を建立して、どうも公式にはそちらだけが紹介されているようなんですね。

はて、何でだろうと何となくずっと気にはなっていたんですが、と書くと、ピンと来た方もいるのではと思いますが、これって元々「日本最南東端の碑」でいくと決めてて、それは遥か北方に南鳥島よりもっと東経が東な日本領を意識していたからではないかと思ったのです。

まぁ、第一次世界大戦後の戦後処理で日本領となった南洋群島には、マーシャル諸島が含まれていて、クェゼリン(この環礁にもいつか訪れて、ハワイに向けて遥拝したい)やルオットなどが帝国日本領の最東端に入っていたのですが、これは流石に大八洲とは言い難いので、大東亜戦争後に領土とは数えないとして致し方がありません。(それでもアイデアはあるのですよ。例によってここでは出しませんが)

しかし、北千島はどうか。果して、その最北端の占守島は、東経156度19分00秒、その南の幌筵島でも、東経155度45分00秒。引換え、南鳥島の経度は、東経153度58分50秒です。ということは、新樺太世界では、南鳥島は全然日本最東端ではないのです。果して、果して!

少なくとも並列世界でだって、南鳥島を日本最東端の地として良いかどうか。だから南鳥島には「日本最南東端の碑」だったのではないか。そしてその後、外国に国を売り渡したい一派がこれに気付いて「日本最東端の碑」として建て直したのではないか。…何となく謎解きをした気分ですが、これは飽くまで推測です。

でもいかにもありそうな話ですよね。ネットではこのくらいしか推論できなかったのですが、これ以上は一次資料に当るなど、仮説の検証が必要かもしれません。ひょっとして、どなたか御存知ありません?
 

樺太を大八洲に戻す日

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月24日(土)01時49分23秒
  私は、全樺太島、全千島列島(可能であればカムチャツカ半島南部をも)を合法的に日本に再帰属させる秘策を持っています。つまり、ロシアの殖民地に成り下がっている、ロシア共和国サハリン州を丸ごと消す秘策。けれど、秘すればこそ花、今ここでは明らかにしません。

それは可能か、否、可能にするしかない。私の目の黒い内に、そういう世界を是非見たいものです。

そうしたらまず、陛下にその世界をご覧いただきたいと思います。ここが秋津洲の北辺の地、陛下の御稜威の及ぶ土地でございますと。樺太は遂に、大八洲に戻りましたと。

その時は、全樺太、全千島へ、海上保安庁の巡視船「しきしま」か「あきつしま」(何れも「日本」の古語です!)で、ご行幸あらせられるべきかと。海自のフネ(要は軍艦)で行けば、外国ご訪問ですが、海保は海の警察・消防。内国巡幸にはもってこいです。

そのほど卑しき身なれど、一臣民として、この行幸にいつか私の関われる時があれかしと、願ってやみません。

しきしまの やまとごころを ひととはば あさひににほふ やまざくらばな
春爛漫の東京より
 

時事備忘録(ロシアとドイツ)

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月23日(金)06時16分51秒
  当り前だのプーチン再選でしたが、選挙の正当性を巡っては、やはり色々と問題があったようです。私は現地に情報源を持たないので、実情は肌では分りませんが、「ロシアなりの民主化」は、相当ハードルが高いようですね。

ただ、別にロシアの肩を持つ訳ではないのですが、ロシアの側に立ってみれば、後背地の中国では習近平が独裁強化の様相を固め、主敵のドイツでは女帝メルケルが際どくも政権基盤を再度固め直した(メルケルって、2005年以来、もう12年以上首相なんですよ)中で、理想論など語っていられるか、との姿勢になるのは、余り不自然ではありません。

興味を惹いたのは、この時節に英国とロシアがスパイの放逐を応酬していたことです。英国は国力もないくせに、やっぱり度胸があるなぁと、現在日本がロシアスパイ団の一斉摘発を仕掛けるなど、到底考えられないので、どう考えても、新生プーチン政権に、英国は正面から挑戦状を叩き付けているのだなぁと、その自信に感心します。

尚、私には、英国がこれで何をしたいのかは、今は不明です。分ったら何か言及するかもしれません。でも、このくらいの構えがないと、ロシア相手に外交で勝負していくことなど、難しいのかもしれません。なんせ、日本がロシアスパイ団の一斉摘発に踏み切ったのは、ゾルゲ事件以外、思い付きませんからね。

これは一つの見方ですが、プーチン再選は、ドイツと中国に対する、ロシアの防衛反応という側面があるのかもしれません。

でも、防衛反応をするというのは、ある意味、弱さの表れでしょうから、樺太を内地に引き寄せるためには、一度真剣に、ロシアの強みと弱みとを、分析してみるべきなんでしょうね。そうすれば、我が国の戦略も現れ出てくる。現在、大枠では恐らく、鈴木-東郷-佐藤路線から対ロシア政策が動いている気配は見出せない(それだけ真剣な交渉経緯であったと見るべきです)のですが、これにより、新たな路線が見えてくるかもしれません。
 

我が国の主権線と利益線

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月15日(木)19時51分57秒
  どうも、米朝会談が現実的になってきたようですね。孫子の兵法でも、戦で雌雄を決することは、下の下策です。外交交渉で朝鮮半島の非核化と北の大陸間弾道弾の開発禁止が実現すれば、それに越したことはありません。悲惨な戦争になりませんように。

…とはいえ、九条平和主義を唱えていたって、樺太は決して内地に近付きません。樺太千島を奪還する兵力の裏付けがあってこそ、外交交渉にも梃子がかかるってもんです。米朝の駆引きを見ればそれは分ります。アメリカに十分な軍事力の裏付けがあればこそ、外交による北朝鮮問題の解決に裏付けが出てくるのです。

ロシア人相手に、軍事力の裏付けもなしに、樺太を内地に引き寄せられる筈もない。「富国強兵」とは、明治の人は本当に上手く言ったものです。戦後の昭和や平成の人間とは、格が違う。今の日本人が明治37年に戻ったとして、ロシア相手に戦火を切れるものだろうか。私は甚だ疑問です。

私は先に、「主権線(国境)と利益線(勢力圏)の理論」と述べましたが、日本の主権線は、北方では全樺太と全千島とするも、利益線はどこまでかを、きちんと決めておいたほうが良いと思うんですね。

私の北進論案では先に示した通り、北はロシア極東部(カムチャツカ半島含む)と、北米最西端部(アラスカ州)、ただ、東西と南が未定です。とはいえ、少なくとも、朝鮮半島の南部は利益線でしょう。対馬海峡が利益線の最前線だなんて、冗談じゃありません。それから、台湾も利益線でしょうかね。

しかし、それ以外の東部、南部、南東部、南西部は、どうしますかね。色んな意見があると思います。恐らく私の投稿には反応がほぼありませんので、意見が交せなくても、少しづつですが、勝手に考察を進めていきますね。

本当は反応があるのが、私も望みではあるのですが。
 

時事備忘録(中国とロシア)

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月11日(日)21時58分7秒
  中国では、あっさり憲法改正となり、国家主席の任期が撤廃となりました。中国は党(共産党)が全てを握っているので、これで直ちに習近平が毛沢東になる訳ではありませんが、中国が、今後の難局を全体主義で乗り切る姿勢を満天下に示したのは、この異様な独裁国の隣国たる日本を始め、全世界にとっても、当の中国人にとっても、大いなる不幸だと思いました。

ロシアでは来週の今日、プーチン大統領が再選され、あと一期六年の任期を迎える筈ですが、彼はどうするんでしょうね。今回の中国の決定は、ロシアにとっても大いに脅威である筈ですが、ロシアの方は、任期終了間近に、憲法等を変えてやっぱり大統領の再選も可能、とかやりださないでしょうね。

もしそういうことを仕出すようなんなら、歴史上出現例のある、大陸安定のための日露提携というゲームは全く成り立たず、これまで中国(や北朝鮮)がやってきたような、彼の国が日本から騙してむしり取り、自国安定の原資とする路線になるんでしょうね。もしそうであれば、樺太を内地に引き寄せるためのあらゆる努力と試みは、無益と帰すのでしょう。並列世界の北方領土交渉も、無残な失敗に終るものと思います。

ロシアでは、西欧的な民主化というのは、恐らく無理なのでしょう。けれど、「ロシアなりの民主化」が出来うるのであれば、それは狂気でなく、理性です。日本に機があります。

ロシアにはその、勇気ある決断を求めます。それは、ロシア史上、類例のない勇断だと思います。
 

ドイツは凄いなぁと

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 8日(木)06時44分57秒
  私は、ドイツは余り好きな国ではないのですが、日本の現状を見るにつけ、やはり恐ろしい国だよなと思います。欧州人がドイツを一様に恐れる理由が、何となく分る気がするのです。

分断された東ドイツをソ連から取り戻したのは、率直に凄い。ドイツの国境線自体は昔時に比べれば大分と小さくなりましたが、勢力圏となると、西独時代のエルベ川から、現在は、独・ポーランド国境線たるオーデル・ナイセ線を遥かに越えて、ポーランド・ウクライナ国境線にまで大きく押し返し、今はウクライナを巡ってロシアと争う始末。

西部戦線に至っては、最早フランスなど敵ではない。今やEUの事実上の盟主として君臨しています。それを嫌がって、イギリスはドイツ圏(EU)から抜けようとしたくらいです。

欧州を支配するのみならず、中東からもアフリカからも、移民難民は、まずドイツを目指すような有様。伝統的にドイツはロシアを牽制するために中国に接近してきた(親中反日路線。三国干渉がいい例)ので、アジアにも一定の影響力があります。

第一・第二世界大戦に敗けてスッカリしおれた振りをしていながら、この瞠目すべき捲土重来ぶり!

(ところで、平昌五輪千秋楽での、男子アイスホッケーの決勝は、ドイツvsロシアの頂上決戦となり、現在まで続く両国の熾烈な争いを彷彿とさせるもので、実に象徴的でした)

それに引換え日本は、大幅に縮小した現在の国境線を維持するのにも四苦八苦しています。そして時に国境線よりも意味を持つ勢力圏の掌握となると、ドイツの実績を大幅に下回っていると言わざるを得ません。我々大和民族は、彼らが示してきたそのゲルマン魂に、その本質から多くを学ぶべきではないでしょうか。

山形有朋公が喝破したように、現代のアメリカを見るまでもなく、主権線(国境)と利益線(勢力圏)の理論は、国際政治の本質です。我々の日本人が、この国際常識を取り戻さぬ限り、樺太は益々遠くなってしまうことでしょう。
 

正義を示して悪を討つ

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 8日(木)05時45分40秒
  最近とみに思うのですが、北方四島または二島のために、樺太千島を全面放棄して彼の国に事実上でも割譲するくらいならば、ロシアと平和条約なんか、結ばなくていいんだと思えてなりません。もし仮にそうならば、四島でも二島でも、還って来なくて構わないとさえ、今の私は思っています。大義の方こそ、余程大切です。

北方四島(または二島)がどうなろうとも、最低限、樺太・千島は、ロシア領とは認めない、この絶対原則が、今の政府に貫けるのでしょうか。

私は安倍総理に根本的な不信感があるので、安倍政権が、この禁忌を安々と犯してしまうのではないかと、心配されてなりません。

最近私は、日本が、ロシアに対して、平和条約を結ばないという形で、国際社会で彼の国の不義を満天下に示してきたのは、実際のところ、結果的には日本人の知恵であり、最後の矜持であったのではないだろうかと思っています。

とにかく、現状のまま、ロシアと平和条約を結ぶことは、悪である。その見解は記録上、ここでハッキリ宣告しておきます。

それにしても、ロシアは、辺境政策が我が国より断トツに優れていますね。流石というしかない。沖縄を見るにつけ、樺太を見るにつけ、辺境政策を、幾つかは現在、事実上放棄した我が国では、辺境(国境)維持政策を、彼の国にこそ学ばねばいけないのかもしれませんね。
 

敷香五輪ですかぁ!

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 3日(土)13時27分56秒
  からふとますさん、こんにちは!

なるほどやっぱりそういうお話が。10年前に。長野五輪がちょうど20年前ですから、その勢いで検討されたのですかね。どの辺でそれは見られるのでしょうか。

それにしても、豊原を飛び越えて敷香でですか。どうしてなんでしょうね。実に興味深いです。
 

敷香五輪

 投稿者:からふとます  投稿日:2018年 3月 3日(土)10時30分45秒
  今から10年以上前、新樺太世界では敷香オリンピックの招致活動が行われていたようです。  

恥を忍んで、基本的な質問

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 3日(土)08時10分5秒
  ところで、帝政ロシア時代とソ連時代、北樺太(サガレン)は、行政区分として、どういう風になっていたんでしょうか。今の共和制ロシアでは、一応「サハリン州」(全く認められませんが)として認識していますが。

お詳しい方、いらっしゃいませんか。
 

アラスカ州との連携の可能性

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 3日(土)07時58分55秒
  突然ですが、新樺太世界、並列世界の別を問わず、日本は、米国アラスカ州との連携を一層に進めるべきだと思うのですよ。

アメリカ合衆国は、なかなか面白い国で、United Statesという名称の通り、州(States)の独立性が極めて高いのです。一例を挙げますと、米国西岸に位置し、米国本土爆撃を受けた唯一の州、オレゴン州は、消費税(Sales tax(売上税))が存在しません。そのため、隣接するカリフォルニア州やワシントン州などから、とくに州境地帯では買物客が殺到、売上増で、オレゴン州もウハウハなのです。

特に、アラスカ州は合衆国の飛び地です。中央政府の統制が及びにくい。日本の運転免許が事実上通じるハワイ州を見れば、それは瞭然です。ここに日本は連携を極力進め、親日勢力を戦略的に植え付けるべきでしょう。州民は、主流たる白人のみならず、エスキモー(イヌイット系人)らも多い。同じ東洋人系の日本がバックアップをするのです。州民も、いざ頼りになるのは、ワシントンDCよりも、東京だとなったら、一層、親日になることでしょう。

私は、ロシア極東部を日本化することだけでなく、北米最西端を日本化することも当然と考えています。これは新たな「北進論」です。

具体的には、日本は、海上自衛隊に北洋艦隊を編成して、米国海軍と定期的な軍事演習をするのです。戦前には、日本海軍には、第五艦隊というのがありまして、これが北洋艦隊でした。北千島最北端に近い幌筵島に根拠地があって、これは米国艦隊が主敵でしたが、今は友軍として米海軍と行動を共にするのです。

経験は力なり。海自も、北洋独特の気象条件を織り込んだ作戦展開能力が、益々増すことでしょう。

更に重要なのは、アラスカ州に陸上自衛隊の寒冷地部隊を派遣し、これも米陸軍と共同訓練を定期的に実施するのです。北米大陸本土だけでなく、アリューシャン列島の島嶼部でも訓練を行う。これは絶対に必要です。嘗てアッツ島とキスカ島で、死闘を繰り広げた両国軍の和解は、大いなるページェントになるのではないでしょうか。

報道のように、日本が空母を再び持つようであれば、空自と米空軍との共同訓練もあるべしです。

何のためか明らかです。これは、ロシアに対する軍事的プレッシャーです。昨今は、北朝鮮や中国の軍事的脅威ばかりがクローズアップされがちですが、ロシアの軍事的脅威も、依然として強大です。この海域、地域、空域で、日本が軍事作戦を十分に展開できうることをロシアに示せることは、百益あって一害なしです。

先に私が提示したロシア極東部の日本化も、このロシアに対する軍事的圧力があってこそです。

さて、軍事面のみならず、経済的にも日本はアラスカ州との結び付きを深める手があります。資源です。今は日本では、政治的に原子力発電がほぼ止っています。必然的に天然ガスと石油とで産業、生活用発電を賄わねばならず、特に石油輸入においては、中東依存度が極めて高い。現在、90%超になっています。これは中国海軍が既に制海権を握っている南シナ海を通るルートであり、有事には使えない可能性が高い。

しかし、アラスカ州では、州の需要を遥かに超越する石油と天然ガスが出ます。これを、日本が優先的に買い付け、投資し、更なる買い付けをするのです。この北洋航路では、日本は他国の制海権を気にする必要が更々ありません。若干なりとも気になるのはロシア海軍の制海権ですが、これは日米海軍の協同で封じられます。航路距離(これはコストそのものです)も、中東からよりも遥かに遥かに短い。

両国・州の連携が深まれば、商業捕鯨の再開にも、好影響があるかもしれません。説明は省きますが、私は、商業捕鯨の再開こそ、日本の国策の第一位を占めるものと思いますよ。
 

豊原五輪を遥か望む2追補2

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 2日(金)20時45分46秒
  えーと、済みません、皆様、下記の札幌の「世界初の冬季五輪」は、単なる私の早とちりでした。東洋初の冬季五輪というのは正しいのですが、、wikiを見て、冒頭で読み間違えてビックリしたので、わー、こりゃいかんと、思わず投稿してしまいましたm(_ _)m

あー、恥しい。市長様に置かれましては、この段はごっそり削除いただきたいくらいです。
 

豊原五輪を遥か望む2追補

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 2日(金)20時33分46秒
  一応念のため、Wikipediaで1972(昭和47)年の札幌冬季五輪を検索してみたところ、東洋初の冬季五輪開催どころか、世界初の冬季五輪開催と判明しましたので、その旨、訂正いたします。  

豊原五輪を遥か望む2

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 3月 2日(金)20時25分22秒
  並列世界では、2018(平成30)年平昌五輪、2022年北京五輪に引き続いて、2026年に冬季五輪を札幌で開催することを正式に要望する旨、報道で知りました。

そんなに冬季五輪を三季連続、アジアでばっかり開催できるんだろうか。それに、札幌は、東日本大震災を踏まえて、名乗りを仙台に譲るべきでは?更に、仙台市や東北地方は、今こそ札幌に負けずに冬季五輪開催に闘志を燃やすべきでは?秋田市や盛岡市や、福島や青森、山形が名乗りを挙げたっていいではありませんか。

う~む、さてそれにしても、新樺太世界では、2026年には、豊原で冬季五輪を開催したいと、正式要望したいところではないでしょうか!札幌は以前(昭和47年)東洋初の冬季五輪をやったんだから、遠慮すべきでしょう(笑)

どうでしょう。少しは皆様、ご反応下さいよー。
 

豊原五輪を遥か望む

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 2月25日(日)02時54分28秒
  新樺太世界を渉猟してきて思うのが、北樺太に関しての論考が手薄なことです。新樺太世界の確かな育成・確立のためには、敢えて君子危うきに近寄らずとされていたのだと推察しますし、そうなればこそ、この素晴しき新樺太世界にも磨きがかかってきたのでしょうが、市庁舎も曳き舟で存続が一先ず確定したこともあり、「北樺太開発専門委員会」のようなものを市議会で立ち上げ、或いはそういうものが既にあったのであれば、その発展的継承専門委員会を再組織して新樺太市を盛り上げてゆきませんか。

言い出しっぺが一定の責任を負うべきという考え方には一定の合理性があります。First come, first serve. の精神を発揮し、これからちょっとづつ新樺太政界における北樺太(サガレン)開発史の開拓記事を投稿してゆきますね。

あとで専門板が出来れば、そこへ記事を張り付けて継承していけば良いでしょう。

さて、本題の豊原五輪ですが、新樺太世界では、豊原五輪招致決定(仙台の皆さんごめんなさい)と同時に、北海道新幹線の札幌~豊原間の延伸が決定されるという流れになることが予想されます。これまで並列世界で、東京五輪(昭和39年)が東海道新幹線の開通を、長野五輪(平成10年)が長野新幹線の開通(これにより長野新幹線のフル規格化が決定、今日の北陸新幹線開通、曳いては金沢~新大阪までのルート確定の決定打となる)を後押ししてきたことを考えれば、妥当な流れではないでしょうか。

余談ですが、東京五輪(2020(元号未定)年)の開催決定と同時に、リニア中央新幹線の全面開通をその時点までに設定しなかった(2027年開通の予定)のは、天下の愚策です。諸法を改正してでも、建設国債をぶち込んで一気呵成に整備すべきでした。何ならば、路線は公設民営でもいいじゃありませんか。もしこれが叶っていれば、全世界に日本の国威を十二分に示すことが出来たでしょうに。未だにデフレから脱却できない日本にとっては、いい景気対策にもなった筈です。

当然、樺太新幹線は、豊原止りには留まらず、きっと敷香への延伸が地元から要望されることとなるでしょう。しかし、採算面から、樺太新幹線の敷香延長は難しかろうと思います。

そこで重要になるのは、樺太新幹線は、やがては北樺太に延伸、最終的には間宮海峡トンネル(大橋という手もありますが、冬季の荒天・結氷を考えると、トンネルの方が妥当でしょう)を抜けてシベリア鉄道に繋げるという「国際新幹線構想」です。この補助線があれば、樺太新幹線の敷香延伸が可能になるものと思われます。

そうなれば、これはドーバー海峡トンネルにおけるユーロスターを凌ぐ一大国際高速鉄道の完成です。現在英国には、日立の準高速鉄道等は走っていますが、新幹線(TGV等の欧州版超高速鉄道)は走っていませんので。

間宮海峡トンネルには、並列世界の青函トンネルの如く、併せて狭軌を三軌スラブ式でレールを敷いておけば、日本の貨物列車がシベリアの資源を満載して日本に到達、或いは、日本の工業製品等が満載されてロシア極東地域に届くという経済圏が生れることでしょう。

但しその際は、間違っても広軌(ロシア軌道)を併設してはなりません。国防上の要請です。

となると、シベリア鉄道との結節点に、ゲージ切替のための、一大貨客積替え国際ステーションが出来ることでしょう。ロシアとの合弁事業で建設が妥当です。そこには厳冬期にも耐えうるアミューズメント施設があり、ロシア人も、そこへ行くのがステータスとなります。北樺太・日本行きの新幹線の半券は、友人に見せびらかす自慢の種になることでしょう。

こうなれば、世界の好事家は、そのアミューズメント施設付きの一大貨客積替え国際ステーションに続々到来。ロシアの極東開発は大いに進み、ロシアの重心は大きく東に傾きます。中国の浸透を受けて、極東地域の国境維持に腐心するロシア政府の関心を寄せることでしょう。この国際延伸樺太新幹線の沿線警備は、日本警察との緊密な連携の下、ロシアの国境警備隊が担います。ハバロフスクとウラジオストクの日本総領事館には、日本警察庁及び樺太庁警察並びに鉄道警察隊からのアタッシェが常駐することになるでしょう。

逆もまた真なりで、札幌と豊原のロシア領事館(仮)にも、ロシア警察からのアタッシェが常駐することになるでしょうね。

事件が起きれば、日本警察とロシア警察との合同捜査、なんていうことも在りうるかもしれません。恐らくユーロトンネルでは、英仏警察の合同捜査が行われたことなどあるでしょう。同様の事態が起きます。

金融面も大切ですね。その国際ステーションに設置される金融機関では、円とルーブルの速やかな交換が可能で、ユーロとドル、ポンドなどとも交換が容易です。日本の三菱東京UFJなどは当然として、ゆうちょ銀行やJCBなども進出するかもしれません。戦前の如く、ロンドンで東京行きの(東京でロンドン行きの)切符が買えるでしょう。インターネット取引が主流でしょうが、日本全国のみどりの窓口で、それが販売されるのです。そうなると、現代の沖縄でも一部ドルの流通があるように、極東シベリア以東では、日本円が流通し始めるかもしれません。

日本にも著しい国益があります。南樺太から始って、北樺太から沿海州、シベリア東部に至る一大経済圏の形成により、冷戦時代からの懸案であった、オホーツク海の内海化が実現します。勘のいい方はお気付きでしょう、この一大新経済圏こそ、形を変えた満洲国の再来なのです。つまりは、シベリア鉄道結節点にまで延伸された国際樺太新幹線こそ、現代の満洲鉄道です。

さすれば、中国と朝鮮半島に対する強烈な背後からのプレッシャーに成り得ます。満洲事変は必要ない。一滴の血も流さずして、ロシアとの国益の連立方程式を解いて新たな国益を建設する。ローマ帝国の街道建設と同じこと。これこそ、日本の大陸政策です。

となれば、冒頭の「北樺太開発史」の開拓が極めて重要なのも、理の当然でしょう。新樺太世界の更なる発展に向けて、少し楽しく討論してみませんか?
 

平昌五輪を寿ぐ

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 2月25日(日)00時45分17秒
  先程、女子カーリングの銅、女子マススタート高木菜那選手の金メダルを見て、とても喜んでいます。長野五輪時を超える堂々の成果、以前書き込みましたが、日本は夏冬いずれにせよ、五輪で長らく暗黒の時代を味わっていたので、長年の強化策がようやっと実を結んだなぁと万感の胸に迫る思いです。特にこの度はご婦人方の活躍が素晴しい。冬季五輪なんか、「やってるの?」くらいの感覚の時代も、長かったのです。長野五輪(1998(平成10)年開催)以降、流れが変わったような気がしますね。今の選手は、メダルへの意気込みを、国民への感謝を、日本の栄誉を、実に率直に語ってくれるので、誠に清々しいです。

一方で平昌五輪を見ていて思うのが、新樺太世界であれば、東北、北海道に加えて、ウィンタースポーツの一大拠点がもう一つ日本にある訳ですから、もっともっとメダルを量産できたんだろうなということです。カーリング娘も、並列世界では北海道の北見のチームが出ていますが、ひょっとすると、新樺太世界では、樺太のどこかの街の企業チームが日本代表を出しているかもしれませんよ。

そしてそして、これは恐らくこれまで新樺太世界では議論の的になっていたのでしょうが(新参者で済みません)、三つ目の日本開催冬季五輪を、豊原と仙台が候補地としてせめぎ合っている状況にあったかもしれません。

何だかワクワクする話ですね。
 

真の世界・補足3

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 1月25日(木)23時28分8秒
  >こんな例、ありませんか、皆様!こんな風に隠微に、樺太は恰も日本でなかった、かのような刷込みが掛けられていることが!

>いちいち、糾弾してゆきましょうよ。この場(だけ)でも全然構わないと思いますよ。記録に残ることが大事です。

と従前、私は書き記しましたが、早速、大学入試センターが、日本史B(従来の高校科目である所謂『日本史』のこと。日本史Aは、近現代史特化の簡易版のことを指すそうだ)で、やってくれましたよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000038-san-life

上記が産経新聞の記事です。
実際のセンター試験の出題は、以下のURLの通りです。

https://mainichi.jp/graphs/20180113/hrc/00m/040/004000g/6

このページから、きっかり三頁は、この出題の全容です。読めば分りますが、ハッキリ言って酷いです。

こういうことをキチンと伝えているところは、産経が他の新聞社の追随を許さないところではあります。しかし、右派と言われる産経新聞も、この記事の直前頃に、記者の樺太訪問記を乗せていて、『昔は「樺太」とか言われていたけれど、今はロシア領のサハリンを尋ねました。眞岡の郵便局の悲劇とか、最悪でしたよね。』なんて調の記事を掲載していて、社のチェック体制や社員教育はどうなっているんだと疑わせるような内容でしたので、本当にしっかりしてもらいたいところです。

今回のことは、政府機関である大学入試センターが自ら行っている悪質な出題であり、樺太を巡る事態の深刻さを如実に示すものです。

プーチン再選で北方領土交渉をロシアと再開する前に、樺太の真実を国民が取り戻すことこそが、非常に要だと、思われてなりません。下手すると、歯舞・色丹を取り戻すために、樺太・千島をロシアに売り渡す交渉を外務省はしかねなく、しかも、それを当の日本国民が支援してしまうという、最悪な状況が生れかねないと懸念するものです。
 

真の世界・補足2

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2018年 1月15日(月)21時52分58秒
  これは備忘録として書き残します。この投稿板の意義でもありましょう。

今現在、磯田道史さんという、NHKも一押しの若手の歴史学者さんがいらっしゃいます。古文書解読が恐らく彼の最大の武器で、映画『武士の家計簿』の原作など、ご著書も破竹の勢い。私自身、彼から多くの示唆を受けることがあり、良い意味でも注目していますが、ここでお立会い。

先に私は、「司馬遼太郎も、池上彰も、佐藤優も、一見「保守派」に見えて、実はこのディストピアの守護神なんだと、心から納得しました。「進歩的文化人」とかいう左翼の守護神たちの神通力が効かなくなってきたので、今は「保守的文化人」の神通力に頼ってきてる」と、書き記しましたが、この磯田道史氏こそ、その意味での「保守的文化人」の一人だと、私は記録しましょう。

実際に彼は、NHK-BSの自らの番組で、間宮林蔵を取り上げる際、樺太の真実を覆い隠したままだった前科がありますしね。

もっとも、磯田氏は、自身の政治的スタンスが「リベラル」だということを隠そうともしてません(勿論、そう(リベラル)だと言い募ることもしていません)ので、私の書き方は、色々な意味でやや意地悪な指摘かも知れません。

ただ、うっかり彼の言説に乗ると、恐らく術中に嵌ると申し上げたいだけです。現在「保守的文化人」は、何も一致共謀して、「重要なことを隠すために、真の世界」を封じているのではありません。彼らは、恐らく何らかの使命感に燃えて、自らの意思で結果的にそのために、何とはなしに、意思疎通を図ることなく、半ば以心伝心的に、結集しているのです。

しかしまぁ、その無意識的な包囲網を破ることなしには、樺太の真実が、我が国の人口に膾炙することは有り得ません。

些か勇気の要る話ではありましょう。しかし、ルビコン川を渡ることなしに、ローマ帝国は有り得ませんでしたし、承久の乱を破ることなしに、武士の世は有り得ませんでしたし、日露戦役を勝利することなしに、アジアの隆盛も有り得なかったことを考えると、我々は多少の蛮勇を振るう必要があるかもしれません。

昔から私の心に宿って、引っ掛かって仕方のなかった樺太に出合せて下さった、市長以下、多くの市民の皆様に敬意を表しまして。
 

真の世界・補足

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2017年11月24日(金)07時17分34秒
  市民の皆様、勤労感謝の日、即ち、新嘗祭の祭日はいかがお過しでしたか?

さて、直下の「真の世界」について、時代認識の異なる若い方には、ひょっとすると、分りにくいところもあったかもしれないと思い至ったので補足を。

昔ですね、今から25年くらい前までは、日本の認識空間は、進歩的文化人の魔法使いたちがその神通力を大いに振るっていたのです。例えば、日本が好きだ、日本凄いとかというと、お前は非国民だ!と面罵されていたのです。真に愛国的な日本人は、日本を愛してはならない??既に言語矛盾ですが、奇妙なことに、そんなことを人が口走れば、社会的生命を抹殺されました。嘘だろうと思う方、証拠は私ですよ。

実際にその更に五年ほど前、私は中学生でしたが、同様の言葉を述べましたところ、先生方に嘲笑されました。クラスメイトも、誰も守ってくれませんでした。泣けてきませんか?

そして社会科の先生は、私が問い詰めても、日本が西側諸国の一員であることも、日本が立憲君主国であることも、言を左右にして決して明言してはくれませんでした。今では両方とも、自明のことです。

お国の支援を大いに受けて、国民の期待を担って出場するオリンピック選手でさえも、「日本の栄誉のためにも一生懸命頑張ります」なんていう殊勝な選手は一人もいませんでした。「まぁ、楽しんできます」なんて言い放って。そして大抵そういう選手は、五輪本番で惨敗を重ねていました。

今の五輪選手が、あっけらかんと「(自分を応援してくれる)みんなのためにも、自分のためにも、全力を尽します」みたいなことを平気で言って、実際五輪でも好成績を残しているのを見ると、隔世の感があります。昔は日本は、こんなにメダルを取れる国ではなかったのですよ。私達は嘗て、オリンピックを見る度に、盛り上りはするものの、日本勢の不甲斐無さに、いつも暗澹としていたものでした。

今は半ばお家芸になっている競泳も体操も卓球も、全然メダルが取れず、確実にメダルが狙えるのは柔道だけという悲惨な状況でした。サッカーなんて、話題にも上らなかった。フィギュアスケートは今、日本は男子も女子も多士済々ですが、伊藤みどりがアルベールビルで一人気を吐いていたのみです。因みにトリプルアクセルは、彼女も跳んでいたんですよ。っていうか、女子選手で世界で初めてトリプルアクセルを跳んだのは、彼女ですよ。彼女も、名古屋出身だったなぁ。そして遂に、桐生選手が100mを9.98秒で走って、東洋に立ちはだかる10秒の壁を破り、私は興奮し、その後は泣きましたよ。号外を出す価値がある。

また、その頃、一世を風靡していたのに、「非武装中立論」なんていうのありました。日本はスイスのようにあるべし、なんて言って。おいおい、スイスは、国民皆兵の武装中立国だろうが。もう既に大嘘なのです。

私は、日本に軍隊がないのは、国際的な恥晒しだと考えていたので、非武装中立論なんて頭から反対でしたが、社会的生命を喪いたくはないので、終始だんまりを決め込まねばならなかったほどです。

しかしこの論は、湾岸戦争の勃発に伴い、中東石油に全面的に経済を頼っていながら、日本が執った「俺、関係ないもん。戦争反対!」というような滅茶苦茶な非現実的態度が、国際的に非難を浴びたことによって、木っ端微塵に打ち砕かれ、永遠に終了しました。

でもこの非武装中立論は、戦後、約40年超ほども、日本の認識空間を席巻していたのですよ。命を懸けて国防の任に就いている自衛隊の皆さんが本当に可哀相でした。今、そんなことを言えば、「はあ??」なんていう空気でしょうが、それもまた隔世の感です。

大嘘が恰も真実であるかのように流通する世界、怖いと思いませんか。樺太の真実も抹消されてしまいましたしね。ある種の人達にとって、真実より、嘘の世界の方が心地良い、都合が良いのです。魔法使い、オズ王国の国王は、只の普通の男だったのにね。

でも、今に至るも、大嘘は完全には破れていない。大体、新嘗祭が、勤労感謝の日なんて言われている時点で明確でしょう。新嘗祭って、西洋風に言えば、感謝祭、Thanks giving dayです。それもまともに称せないんて、どうかしてますよ。今では由来を知らない人の方が多いくらいでしょう。

そういえば、ピラミッドって、どうして作られたか、皆さんご存知ですか。NHKなどを視ると、世界的にはそれは今も謎とされているようですが、実は数年前、ある日本人(竹村公太郎氏)が、実に明快に解明しているのです。しかし、クレオパトラの王国がローマに滅ぼされて以来、その記憶、つまりエジプトの真実、ナイルの真実は、二千年以上、忘れ去られ、建造理由に対する珍説が世界を横行しました。エジプトの専門家でもない竹村氏が、ひょんなことから解明するまでは。

真実の世界って、それをちゃんと維持するのは、かくも難しいものなのかもしれませんね。だったら、制作アニメは、嘘を打ち砕くほどの面白さがないと、そもそも放映されるくらいのインパクトがなければなりません。私は、日本のためにも、樺太のためにも、そしてほんのちょっぴりは自らの栄光のためにも、全力を尽します。そして宜しければ皆さんも、事情に応じて、協力いただければとっても嬉しいです。
 

真の世界

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2017年11月17日(金)01時45分51秒
  今の世界は、実は巧妙に作られた偽の世界であって、重要なことを隠すために、真の世界は封じられている、という世界観は、映画『マトリックス』やアニメ『エヴァンゲリオン』で表現されてきましたし、ジョージ・オーウェルの『1984年』やスウィフトの『ガリバー旅行記』、ライマン・フランク・ボームの『オズの魔法使い』も、大括りではこの形態の作品の一つと言いうるかと思います。比較的古典的なモチーフと言い得ましょう。

しかしまさか今の戦後日本も、「実は巧妙に作られた偽の世界であって、重要なことを隠すために、真の世界は封じられている」のだということに、私はつい最近まで全く自覚ナシでした。実は我々の「並列世界」は、所謂「ユートピア」だったんだと。それで今、私はそれに気付いてムカッ腹を立てているというわけで(笑)

そういう意味では、新樺太市の存在するここを「新樺太世界」と呼び、現実世界を「並列世界」と称した皆様のセンスは、抜群だなぁと本当に感心しています。そう、実は新樺太世界こそ、真のユートピアであって、並列世界は、ディストピアなのです。

ディストピアだったから、九条平和主義とか、非核三原則とか、北朝鮮と今こそ対話だとか、非常識な話が恰も真っ当なことのように主張され続けるんだということが、よーーく解りました。

あー、だから司馬遼太郎も、池上彰も、佐藤優も、一見「保守派」に見えて、実はこのディストピアの守護神なんだと、心から納得しました。「進歩的文化人」とかいう左翼の守護神たちの神通力が効かなくなってきたので、今は「保守的文化人」の神通力に頼ってきてるんだと。ディストピアの魔法使いたちも、本当大変ですね。

新樺太世界が本質的に楽しくて仕方がないのは、考えてみれば、理の当然なのだなぁと。私が後日制作せんとするアニメは、新樺太世界が舞台で、勿論その発展継承型です。だからきっと、そのアニメ作りも、生みの苦しみは当然あれども、きっと楽しくて仕方のない作業になるのではと予感がします。何も知らないド素人ですが、脚本くらい書き始めようかしら(笑)構想は大分あるのですよ。

制作アニメを貫くテーマが今決りました。それは、新樺太・並列世界の『オズの魔法使い』なり!いやぁ、こうなると、もう一回、同作品をじっくり読み込んでみなければなりませんね。
 

その後のお話

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2017年11月15日(水)09時00分22秒
  遂に、旧庁舎の解体が進んでいるようで、今や表玄関はおろか、各室までアクセスが不能になってきております。キャッシュの期限が切れたら順次、そのアクセスすら不能になるのでしょう。

こたん様が市庁舎を曳家で移して下さったのが、庁舎存続の決定打になったようで、心より感謝申し上げたいと思います。本当に、本当にありがとうございました。

さて、辛気臭い話ばかりをしていても始りません。攻撃は、最大の防御です。

私はテレビを視る時は大抵NHKなのですが、今、NHKのBSで「悲劇の王妃特集」みたいなのをやっているんですね。その中で清朝末期の西太后が出てくるんですが、私の怒髪、天を突いたのが、清朝、最大版図の図です。

何と、その最大版図の中に、樺太がすっぽり収まっているんですね。おい、樺太が清朝の版図になったことは一切ないぞ。明白にはその前の明朝時代から、樺太は、日本が治める土地だ!もっと言えば、恐らくもっとその前から、樺太は日本と一体だったのだ!と、NHKの不明を罵りたい気持になりました。

こんな例、ありませんか、皆様!こんな風に隠微に、樺太は恰も日本でなかった、かのような刷込みが掛けられていることが!

いちいち、糾弾してゆきましょうよ。この場(だけ)でも全然構わないと思いますよ。記録に残ることが大事です。

私は、戦後日本の欺瞞性が許せない。私達、戦後世代に、何もかも隠して、偽りの歴史を教えて、恬として恥じなかった。私はこの歳になって、初めて樺太の真実に気付いた。このウェブページのお蔭です。

現実論での樺太奪還計画は、任せて下さい。こういうの、私は苦手ではありません。とにかく徹底的に、世間の、樺太非日本化路線を、槍玉に挙げて、いちいち糾弾してきませんか?(笑)
 

市長代行様へ

 投稿者:新樺太市北部住民  投稿日:2017年11月 1日(水)00時23分49秒
  はい!必ず新庁舎への移行を果たしてください!それまで仮庁舎で待っています!
まずは旧庁舎の行く末を見守ります…
 

まだ表示できている

 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2017年11月 1日(水)00時17分10秒
  まだ表示できているようですね。(^^
新樺太市は仮設庁舎に移行してしまいますが、いつかまた新庁舎で・・・
 

11月1日

 投稿者:新樺太市北部住民  投稿日:2017年11月 1日(水)00時15分58秒
  只今0:15…まだ旧庁舎はのこっています。
市長、市民の皆さん、このようなサイトの作成、運営、補助、応援、ありがとうございました。
新樺太市万歳(/^^)/万歳(/^^)/万歳(/^^)/
 

もうすぐ期限という2017年10月末日も終りです

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2017年10月31日(火)23時56分2秒
  新樺太市長代行殿、他、市民の皆様方へ

新樺太市建市以来、この素晴しい世界を戦前より引き継ぎ、育てていただいていた御恩を私は忘れません。
さて、いよいよ時が来ます。この投稿が、現ウェブページでの最後の投稿になるのでしょうか。

いずれにせよ、益々の新樺太世界の発展を期して、万歳!(∩´∀`)∩

日本国全樺太島、全千島列島、万歳!(∩´∀`)∩、(∩´∀`)∩、(∩´∀`)∩
 

ご挨拶

 投稿者:ふみたろう  投稿日:2017年10月27日(金)20時13分35秒
  こたん様

初めまして。
新樺太市を移転していただき、ありがとうございます。

新樺太市長代行様

私がこのサイトを初めて訪れてから10年以上が経ちます。
市長様は新樺太市を運営されるにあたって、様々な苦労をされてきたとお察しします。
今までお話しの場などを設けていただき、誠にありがとうございました。
いつの日か、日本が平和的な手段で樺太を再度領有できる日が来ることを願っています。

 

サイト存続万歳

 投稿者:塔路  投稿日:2017年10月19日(木)16時34分29秒
  よかった、ウェブサイトは存続するのですね。
管理人(市長代行)様に敬意を表します。
 

一先ず、最悪の事態は避けられたんでしょうか

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2017年10月 8日(日)20時19分56秒
  こたんさま、本当にありがとうございました。予断は許しませんが、一先ず、最悪の事態は当面、避けられたのではないでしょうか。本当に嬉しいです(涙)

皆様、反転攻勢は、これからですよ。旧ソ連が必ずしも敵ではなく、本当は、日本国内の分らず屋が敵なのです。

市長、今まで、本当にありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。


さて、こたんさま、

>話はそれますが、
>Daniel(樺太全島は日本領) さまのアニメ制作について読みました。
> 愚生もアニメ愛好家ですので、完成をひそかに心待ちにしております。¥
現在多忙ですが、いつかお手伝いできればと思います。


では是非、よろしくお願い致します。いずれ、ご連絡を取り合う日々もありましょう。その時まで、本当にお待ちしていますよ。(^^♪
 

祝電

 投稿者:北樺太総督府  投稿日:2017年10月 8日(日)10時39分0秒
  ひとまず移設が叶えられしことに祝意を表す次第
今後は樺太連盟も解散することから、貴重な資料を収蔵する等次世代の為に備えられるような機運を願って止まず。
 

市庁移転の件

 投稿者:横浜寝太郎  投稿日:2017年10月 5日(木)23時59分50秒
  こたん 様

 移転作業ご苦労様でした。市長代行様をはじめこのサイトを愛している皆さんも喜んでいらっしゃることでしょう。

 最悪の場合、当方契約のサーバーにデーターを移し、サイトの再構築を考えておりましたが、管理者様より承諾を得られない状態でしたので躊躇しているところでした。何にしろ一安心です。

 それと、私からの移転の申し出についてお気遣い頂いておりますが、何の無用でございます。反対にこたん様の行動の早さに敬服いたしておる次第です。今後サイトの構築等についてお手伝いが必要でしたら、何なりとご相談下さい。出来る限りお力になります様努力致します。


市庁代行 様

 取り敢えずサイトの移転・存続が叶い何よりです。今後私にでもお力になれることがあれば、どうぞご相談下さい。

 せっかく多くの方々から愛されている貴重な情報発信の場です。今後とも更新等意欲的にお願い致します。

 また、この機会にサイトのメンテナンス・運営等の有志を募ってみては如何でしょうか。これまでのサイト関係者様等々とご検討の上、是非ともこのサイトが長く存続できる手段をご再考下さい。もちろんですが私も是非加えて頂ければと思います。

 本日はこれにて失礼いたします。

 
 

市庁移転について

 投稿者:こたん  投稿日:2017年10月 4日(水)22時56分32秒
  移転の際の不備で、ところどころ抜け落ちている画像があるようです。
気付いた箇所は修正していますが、他にもありましたらお教えください。

話はそれますが、
Daniel(樺太全島は日本領) さまのアニメ制作について読みました。
愚生もアニメ愛好家ですので、完成をひそかに心待ちにしております。
現在多忙ですが、いつかお手伝いできればと思います。
 

市庁移転について

 投稿者:こたん  投稿日:2017年10月 4日(水)22時34分2秒
  新市庁の現状を報告いたします。
現在、移転しうるすべての画像、文章をそのまま移転した状態です。
アクセスすると確認できると思いますが、所謂曳家を行ったようなものです。
一点だけ、文字コードをUTF-8に変更してみました。
スマホからも読めるようになったと思います。

新樺太市北部住民 さま
>サイトの運営というのはどのようなものなのでしょうか?
運営と言っても、
保守ならば何もすることはないですし、
新しく記事を付けたすなら、これまでの記事に使われたテンプレートを
複製して書き換えるだけです。
ただ、市庁を大改装するとなると大変です……。

>本心であれば、市長または代行様にお願いしたいところですが、、、
私も同感です。
愚生が管理権を勝手に多くの人に渡すのは気が引けますので、
現市庁が閉鎖されるまで一旦、市長または代行様を待つことにいたします。

塔路武雄 さま、横浜寝太郎 さま
議事録に目を通していなかったため、結果として申し出を裏切るような
行為に走ってしまったことに気付いておりませんでした。申し訳ありません。
 

ほぼ完全な移転

 投稿者:新樺太市長代行  投稿日:2017年10月 4日(水)21時08分52秒
  こたんさんがほぼ完全な形で魚拓を撮っていただきましたね。
ここまでできるとは驚きです。ありがとうございます。
 

特に技術力等ありませんが

 投稿者:新樺太市北部住民  投稿日:2017年10月 3日(火)23時10分57秒
  こたん 様
初めまして。私も一市民ですが、市のために何かできれば、と。
さて、当方全くと言っていいほどWEBに関する知識等ありませんが、サイトの運営というのはどのようなものなのでしょうか?
初心者でもおこなえるのか不安です。
本心であれば、市長または代行様にお願いしたいところですが、、、
 

勝手な行動ですが 続

 投稿者:こたん  投稿日:2017年10月 3日(火)00時43分58秒
  私はただの一市民ですし、せっかくのホームページを更新せずに
放置するのは忍びないので、もし下のリンクのページを使い続けるなら
市長または市長代行様、あるいは他の方に運営を譲渡したいと考えております。
どなたでもkotan☆karafuto.ie-t.net(☆をアットマークに)
までご連絡お願いいたします。どうかお待ちしております。
 

勝手な行動ですが

 投稿者:こたん  投稿日:2017年10月 2日(月)23時21分37秒
  まことに勝手ながら、新しくウェブサービスの登録ができたので、
現在市庁移転先の整備を進めております。
リンクはhttp://karafuto.ie-t.net/top.htmlです。

当方しばらく多忙のため、来春まで更新はできないと思いますが
代替案がなければ当分お使いくださいませ。
 

閉市賛成論

 投稿者:北樺太総督府  投稿日:2017年10月 1日(日)06時59分3秒
  最終電
閉市に賛成を表する。
これまで樺太の情報を献ずる等何らの提案も無き方に委ねても詮無し。
廃線探訪の如き郷愁で残骸を晒すも何の意義有りや。
微力を嘆く者に委ねず、自ら再構築するほど気概の有志こそ待つべき。
本掲示板でお零れ頂戴を図る策動に溺れられぬよう願うのみ。
さらば、また遭う季節まで。

 

Daniel様に賛同

 投稿者:新樺太市北部住民  投稿日:2017年 9月30日(土)10時57分34秒
  市長!市民の一人として、市役所保存を嘆願いたします!
新樺太市役所は、樺太の歴史を並列世界に伝える場所であり、そして貴重な資料の揃った唯一と言っても過言でない場所であります。
どうか今、ご決断をお願いします!移転など、何らかの形で保存することはできませんでしょうか。
私たち新樺太市民は、今回の閉市を悲しんでいます!
新樺太市役所を除いて、樺太史を伝える場所は多くありません。その市役所が解体されては、これは樺太が無くなるのとほぼ同意ではないでしょうか。
市長!議員の皆様!どうか決断をお願い致します!!!
 

殿、ご決断を!

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2017年 9月27日(水)17時09分46秒
  市長、新参者でありながら、過激な物言いをお許し下さい。

このままこのウェブサイトをお潰しなさるお積りですか。既に色んな提案が出ています。どうかサイトの移転を、宜しくお願い致します。

何らかの意思喪失については、憚りながら、ご相談下さい。繁忙なんですか。何が問題になっているのでしょうか。

どうか、どうか、我が国の、我らが樺太の、新樺太市の、恒久なる未来のために、サイトの移転をご決断下さい。

これからも、私は、樺太のために尽しますから(涙)。実際に、そうしていますよ。どうか何卒。何卒。(涙)
 

どうか、日本の皆さん、助けて下さい!

 投稿者:Daniel(樺太全島は日本領)  投稿日:2017年 9月27日(水)16時04分28秒
  あとほんの一月ほどで、このHPは、データごと、失われるんですね。

しかも市長は、長年の奉仕に疲れ果てて、精気を失っている。

市民の一人として言います。どうか日本全国の皆様、私達を助けて下さい!
我々固有の領土が、本当は我々自身のものであることを、訴え続けてきた、真摯あるウェブページが消えようとしているんですよ。

どうか皆さん、助けて下さい!本当に助けて下さい。これは、プラハの春で、ソ連軍の戦車を目の当りにしたチェコ市民の心の叫びと同一です。心より、心よりお願い致します。

おい、議員先生方、何とかならないものかよ、俺たち市民を、助けて欲しい。またソ連に蹂躙されるのか?
 

市庁移設に関して

 投稿者:こたん  投稿日:2017年 9月26日(火)15時48分9秒
  閉庁日とURLを見る限り、AUのサービスを利用しているのと思われますが、
現在AUは「引っ越しサービス」というものを行っているようなので、
もしかしたら利用できるのではないでしょうか?

(話は変わりますが)サイト内の全ページのバックアップを取ってみました。
オフラインでサイトを閲覧するためのソフトを用いれば、簡単にできるみたいです。
 

レンタル掲示板
/12